メインロゴ

娘/息子/子供の家出失踪での行方調査から恩人/知人/昔の彼氏/彼女の人探しまで、初めての人探し・行方調査のご利用を考える方のサポートサイトです。

人探し・行方調査のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

「もしかして鬱だったのかも!」(家出・失踪)行方不明者捜索 探偵

 2018-06-05

「もしかして鬱だったのかも!」(家出・失踪)行方不明者捜索 探偵

家出人/失踪者の捜索は時間との勝負

「様々な理由が家出に繋がる!」家出・失踪の例

 

■様々な理由で家出・失踪するケース 

→就活の失敗で行方不明になった(失踪・家出した) 
就活の失敗が原因で家出・失踪の場合、状況にもよりますが現実と本来あるべき姿とのギャップがあり過ぎ自分が自分でいられないぐらいプライドが傷ついてしまうために起こることから考えられます。遠くまで逃亡する恐れがあるため発見が困難になる可能性もあります。 即日対応可能な探偵・興信所などもお探しします。 

→会社のストレスで行方不明になった(失踪した) 
仕事上、取引先とトラブルを起こした。ノルマに対するプレッシャーや上司同僚などによるいじめやパワハラ、度を越した残業や無理な仕事量、これらからストレスを感じ精神状態も不安定から失踪するケース 

→大学・高校の留年での行方不明者(失踪者・家出人) 
学年一といわれた秀才にもかかわらず思うような成績が残せず、またコミュニケーションで敗北感などを感じて自分らしさが失われる中、現実逃避と思えるようなことをする。置手紙には謝罪とともに探さないでとの内容。このようなケースは最も多いケースですが探さないでというのを鵜呑みにしないでください。 

→お金(借金)での行方不明者(失踪者・家出人) 
お金(借金)などが原因による行方不明の場合、失踪者は見つかりたくないで逃げているケースがほとんどです。見つけることが困難を極めますので、できるだけ細かい情報を基に調査を行います。また早期に調査を行うことをお勧めします。借金での行方不明は自殺やトラブルでの可能性も十分に考えられますので警察への届出は必須です。 

→行方不明者が認知症で自宅に帰っていない
今や高齢化社会です。高齢者が年々増加しているなか最近特に増えています。 認知症になると不安やストレスなどによる徘徊が頻繁に起こります。また認知症を患いながら鬱になる傾向もある為、高齢者の家族はできるだけ近所での生活環境や同居することなどが必要となります。認知症では周りなどを注意が困難な為、一般道への飛び出しや、帰り方が分からず自宅から離れた場所まで出歩く恐れなどもあります。事故を伴う恐れなどもある為、家族だけに頼らず専門家へ相談することをお勧めします。 

 

 

 

 

 

 

■その他、家出事例

・リストラにあった主人が帰ってこない
・妻が浮気をしていて行方をくらました
・彼と連絡が取れなくなった
・仕事に行ったきり帰ってこなくなった
・同棲中の彼女が帰って来ない
・何も持たず出て行き、連絡もとれない
・離れて暮らす娘としばらく連絡がつかない
・子どもが帰って来ない
・介護が要する母が留守の間に出て行ってしまった
・娘が付き合っている彼と同棲を始め住所がわからない
・警察からは刑事事件でないと対処できないと言われた

「行方不明が発覚した!」最初にやるべきこと/考えられること

 

■まず最初にやらなければならないこと!

1、警察へ行方不明者届出
警察は事件性がないと捜索などは行いませんが、最初の携帯電話の発信記録などを追うケースなどもあります。また車両での移動の場合は警察の監視システムで車両が特定できる場合などがあります。

2、状況確認
失踪より前はどのような状況だったのか、失踪当日はどのような服装で何を持ち歩てるのか、所持金やクレジットカードは持っているか、また移動手段は何なのか?

3、情報収集
家出の様子はどうだったか、失踪よりさかのぼって変わった様子はなかったか、会社ではトラブルなど起こしてないか、友人などに相談はしてないか、確認作業を行うことによって判明することや判明しないことすべてが手掛かりとなる事実なので出来る限りの確認をすることをお願いします。

 

■行方不明者になるケースに考えられること

行方不明者に精神障害や自殺の恐れがあるケース

行方不明者自身、家を飛び出すのは精神状態が不安定で、自殺の恐れがあるか、他人を傷つける恐れがある場合です。精神状態が不安定になる理由は家庭不和、会社でのストレス、借金、学業不振、親の期待に沿えない、自暴自棄などが考えられます

◎うつ病で行方不明になった場合(家出・失踪)

うつ病は従来型うつ病や、躁鬱病、新型うつ病などがあります。新型うつ病は嫌なことから逃れると症状は普通になりますので心配は少ないのですが従来型や、躁鬱病は症状が悪化すると自殺などを考え家出をするようになります。また普段鬱とは感じられなかったのが突発性の鬱を発症するケースなどもあります。

鬱病の場合は特に迅速な対応が必要です

 

■うつ病の失踪者を早く捜索しなければならない理由 

うつ病での失踪者は時間が経過するごとに下のような心理状態になります。 

うつ病の心理状態 

「初日~3日目 」
不安と反省を繰り返している期間で家出人(失踪者)は残した家族のことも気になります。場合によってはさほど遠くない範囲に潜伏する可能性もあります。彷徨う期間でこの段階で捜索すると高確率で発見に至ります。 

「4日~15日目」
家族のことより自分の今後について模索してます。所持金等にもよりますが、猶予期間は過ぎたころになりますので一定のホテルやネットカフェ、友人宅、出会った人の家に潜伏等したり、また場合によっては事件等に巻き込まれるケースなどもあります。捜索期間や捜索範囲を広げることで見つかりやすくなります。 

「16日目以降」
様々なケースが考えられます。状況にもよりますが知らない土地で生活を送っている方もいます。また警察からの連絡で犯罪に巻き込まれてたりなど、その他、様々で命の危惧が考えられます。 
 

どのようにして失踪者捜索調査が出来るのか

 

■失踪者捜索調査の依頼方法 

事前の情報収集 
失踪者捜索調査を依頼する前に、いくつか確認する必要があります。 

. 失踪したと思われる日時 
. 失踪した理由 
. 失踪者の基本情報 
. 失踪者を探す理由 

上記項目を整理し、自分できる事項は予め確認しておきましょう。 
 

失踪者捜索調査無料相談の利用 
ある程度の情報が揃えば、調査目的もふまえ、専門家へ相談されることをお勧めします。失踪者捜索調査は、状況・情報量によって依頼として受けられるものそうでないものがある為、必ず事前にご確認ください。 

失踪者捜索調査の目的・費用・調査手法の確認 
失踪者の状況やお持ちの情報量によって失踪者捜索調査が可能である場合、調査の目的を明確にした上で、捜索手法や、費用、期間などの設定を行い無理のない調査依頼を行いましょう。 

失踪者捜索調査依頼 
専門家との相談の上、失踪者捜索調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類に記載の上、お申し込みとなります。トラブルのない良い依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。 
 

○家出・失踪による行方調査の無料電話相談を利用する際は、できるだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。無料電話相談は依頼を申し込むわけではありませんので、自分の個人情報を伝える必要はありません。 
○家出・失踪による行方調査メールフォーム無料相談を利用する際は、出来るだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。 

【注意】メール無料相談は依頼の申し込みではありません。 

電話申し込み・FAX申し込みは24時間受け付けております。

東京総合探偵社お問い合わせ窓口全国無料フリーダイヤル

 

■一般的な家出・失踪による行方調査料金の相場 

一般的な家出・失踪による行方調査料金の相場は、依頼内容によって様々です。下記は、家出・失踪のよる行方調査を取り扱う業者の料金相場を高い→安いの順で表記しております。ご参考ください。またその他の人探し・行方調査の料金相場も。

例:調査内容:行方調査(家出人捜索)7日間調査
高めの探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計120万円~200万円以上(※調査員人数などによって変動・1日5万円以上)
一般相場の探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計50万円~80万円前後(※着手金・成功報酬金などの設定が明確)
安めの探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計30万円~60万円前後(※少人数調査・必要最低限の情報収集が特徴) 

 

 

 

例:調査内容:人探し(過去の知人探し)20日間調査

高めの探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計40万円~60万円以上(※余分な情報も含め多くの情報を収集することが多い)
一般相場の探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計20万円~40万円前後(※基本的な人探し調査が主流)
安めの探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計15万円~20万円前後(※少人数調査・必要最低限の情報収集が特徴) 

人探し・行方調査料金の取り決めは、調査の内容によってそれぞれですが、情報収集の難易度であったり、日数、人数などによって規模が変わるため、どの調査でも一律ではありません。人探し・行方調査料金の「高い」「安い」「一般的」を判断するためには、探す人物の情報をできるだけ多く用意し、依頼人も調査に協力できることが、低費用につながります。

 

■人探し・行方調査料金の注意点 

無料相談・見積りサービス 

人探し・行方調査の無料相談・見積りの際は、探す人物についての事前情報をできるだけ多く集めることが大切です。自分の知っている情報を精査し、調査手法や期間、料金などを詳しく聞き、見つかる可能性がどの程度あるか判断した上で、依頼をしましょう。 

■人探し・行方調査料金の注意点 

人探し・行方調査の料金は、探している人物の情報をどの程度もっているか、家出・失踪の場合、どのような経緯でいなくなってしまったのかなど詳しく相談する必要があります。その上で、調査手法を決定し、依頼をすることとなりますが、料金額や支払い方法などを事前に確認しておきましょう。人探し行方調査の場合、着手金の他に「成功報酬金」が必要となることもあります。事前に調査の難易度やかかる期間などを把握し、納得の上で依頼をすることが大切です。 

 人探し・行方調査は調査項目によって注意点が異なります。より良い調査依頼をするためには、わからない点など、必ず相談員に確認しましよう・

 

人探し・行方調査の依頼方法


人探し/所在調査では東京総合探偵興信社は多くの弁護士事務所に推奨されています。大切な人をお探しの方は、人探し・行方調査サイトをご利用ください。探偵・興信所-東京総合探偵興信社は、警察の捜索協力も行っております。

 

 

■人探し・行方調査の依頼を低料金で効率よく依頼するために 

事前情報を多く 
人探し・行方調査は、事前情報の量や新しさなどによって料金が変動します。数十年前の情報を元に現在の所在などを調べることは簡単ではありません。どんなに些細な情報でもできるだけ多くの情報があれば、発見に至る可能性が上がり、時間も短縮されることで費用が軽減されます。 

依頼者自身の協力 
人探し・行方調査を、できるだけ低料金で依頼し、確実な調査結果を得るためには、調査そのものを業者にすべて任せてしまうのではなく、依頼人自身も調査に協力することが大切です。実際、依頼人から提供して頂く情報量の多さや的確性によって料金が軽減される事例は多々あり、人探し・行方調査もスムーズに進み、依頼人の納得のいく結果が得らるれています。 

費用対効果の良い業者へ依頼すること 
良い探偵興信所は、依頼人が必要とする情報や証拠などを必要最低限の料金で得られるように、依頼人自身の考える人探し・行方調査の予算に見合った最善の手法をご提案します。また手法、期間などによって変動する料金についてわかりやすく説明を行い、効率の良い依頼ができるように、準備・企画を行います。 全国東京総合探偵興信社全国マップ

 

■人探し・行方調査サイトのはじめての依頼サポート(料金事例) 

人探し・行方調査の依頼事例について 
人探し・行方調査サイトでご案内している人探し・行方調査案件の料金の事例をご紹介します。項目別の料金事例は、依頼内容や調査範囲、状況によって異なる場合がありますので、見積もりは、お電話・メール等でご確認下さい。 

人探し・行方調査項目別の料金事例 
 

過去の知人・友人探し
5年前の情報情報から現在の情報
基本調査料金(期間:20日)60,000円
情報収集(1件)30,000円
諸経費(20日間分)3,000円
調査料金合計(税別)93,000円
家出人捜索
家出した家族の行方
基本調査料金(期間:5日)200,000円
追加延長調査(期間:2日)60,000円
諸経費(7日間分)35,000円
調査料金合計(税別)295,000円
初恋相手探し
初恋相手に会いたい
基本調査料金(期間:30日)150,000円
情報収集(1件)30,000円
諸経費(30日間分)18,000円
調査料金合計(税別)198,000円
お金を貸した相手の居場所
失踪者の居場所確認
基本調査料金(期間:25日)250,000円
追加延長調査(期間:5日)50,000円
諸経費(15日間分)43,000円
調査料金合計(税別)343,000円
生き別れの家族探し
現在の所在・状況調査
基本調査料金(期間:30日)300,000円
追加延長調査(期間:5日)40,000円
諸経費(15日間分)40,000円
調査料金合計(税別)380,000円
好きになった彼女を探す
一目ぼれの相手を探す
基本調査料金(期間:60日)600,000円
情報収集(2件)60,000円
諸経費(60日間分)58,000円
調査料金合計(税別)718,000円

※上記料金は、実際にお受けした人探し・行方調査依頼の料金事例です。 詳しい見積もり等は、無料電話相談・無料メール相談にてご確認ください。

調査依頼基礎知識に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム