メインロゴ

娘/息子/子供の家出失踪での行方調査から恩人/知人/昔の彼氏/彼女の人探しまで、初めての人探し・行方調査のご利用を考える方のサポートサイトです。

人探し・行方調査のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

息子の家出|人探し・行方調査【一刻も早く大切な人を見つけ出したい】三重県名張市

 2021-04-22

息子の家出|人探し・行方調査【一刻も早く大切な人を見つけ出したい】三重県名張市

家出人・失踪人の捜索は時間との勝負

突然の息子の家出。

事件やトラブルに巻き込まれる可能性があるため、できる限り早めの初動が大切です。

家出人・失踪人の捜索は、時間との勝負になるのです。

■「息子が家出した!」最初にやるべきこと

■家出・失踪に考えられるケース

■様々な原因が家出・失踪に繋がる

■家出の事例

■うつ病の失踪者を早く捜索しなければならない理由

■家出・人探し・行方調査の依頼方法

■一般的な家出・失踪による人探し調査の料金相場

■人探し・行方調査の注意点

■人探し・行方調査を低料金で効率よく依頼するために

■人探し・行方調査のはじめての依頼サポート

鬱病の場合は特に迅速な対応が必要です

 

■うつ病の失踪者を早く捜索しなければならない理由 

うつ病での失踪者は時間が経過するごとに下のような心理状態になります。 

 

うつ病の心理状態 

「初日~3日目 」
不安と反省を繰り返している期間で家出人(失踪者)は残した家族のことも気になります。場合によってはさほど遠くない範囲に潜伏する可能性もあります。この段階で捜索すると高確率で発見に至ります。 

 

「4日~15日目」
家族のことより自分の今後について模索してます。所持金等にもよりますが、猶予期間は過ぎたころになりますので一定のホテルやネットカフェ、友人宅、出会った人の家に潜伏等したり、また場合によっては事件等に巻き込まれるケースなどもあります。捜索期間や捜索範囲を広げることで見つかりやすくなります。 

 

「16日目以降」
自分自身を完全に見失っている場合がほとんどです。事件、事故など様々なトラブルに巻き込まれている可能性が高いです。生命の危機も考えられるでしょう。
 

家出・失踪にはどんな原因があるの?

■家出・失踪につながる様々な原因 

▪︎受験・就活の失敗で行方不明になった
受験や就活の失敗が原因で家出をした場合、本人のプライドが傷ついてしまったことが原因にあげられます。本人の意思で、遠くまで逃亡する恐れがあるため発見が困難になる可能性もあります。 即日対応可能な探偵・興信所などもお探しします。 

 

▪︎会社・人間関係のストレスから家出した

友達からのいじめや喧嘩、ノルマに対するプレッシャーや上司同僚などによるいじめやパワハラ、度を越した残業や無理な仕事量など、人はいつの間にかどこかでストレスを溜め込んでしまいがちです。 自分自身を見失っていることもあるため、早急な対応が必要です。

 

▪︎借金やお金のトラブルからの失踪

 お金(借金)などが原因による行方不明の場合、返済に困っていることが大半であり、本人は故意に失踪しています。できるだけ遠くに、逃げるケースが多く、さらに事件、事故を引き起こす可能性もあります。トラブルを繰り返さないためにも、早急に初動することが必要でしょう。

 

■その他、家出事例

・リストラにあった主人が帰ってこない
・浮気が発覚した妻が行方をくらました
・彼が仕事に行ったきり連絡が取れない
・同棲中の彼女が帰って来ない
・妻が何も持たず家を飛び出した
・離れて暮らす娘としばらく連絡がつかない
・引きこもりの息子が失踪した
・介護が要する母が留守の間に出て行ってしまった
・娘が付き合っている彼と同棲をはじめたようだが、居場所が住所がわからない
・警察からは刑事事件でないと対処できないと言われた

「息子が家出した!」まずはどうすればいい?

 

■まず最初にやらなければならないこと!

1.  警察へ行方不明者届出
警察は事件性や緊急性がなければ、すぐに捜索には乗り出してくれませんが、全国で行方不明者の情報を共有することが可能です。また、車両での移動の場合は警察の監視システムで車両が特定できる場合などがあります。

 

2.  状況確認
失踪当日はどのような服装だったのか、所持金やクレジットカードは持っているか、部屋に残されたものはなんだったのか、など状況が捜索の手がかりになります。落ち着いて、状況を確認してみましょう。

 

3.  情報収集
家出の様子はどうだったか、以前から変わった様子はなかったか、会社や学校でトラブルなどはなかったか、友人や知人などに相談はしてないか、周りからの情報が不可欠です。できる限り、本人との関係を確認してみましょう。

 

■家出人・失踪人に考えられるケース

精神的に不安なケース

家出・失踪に至る理由として、精神的に不安定であることが大半です。最悪の場合、自殺や他人を傷つける可能性があります。精神状態が不安定になる理由は、家庭不和、会社でのストレス、借金、学業不振、親の期待に沿えない、自暴自棄など様々です。本人のケアが必要になります。

 

うつ病や認知症のケース

うつ病は従来型うつ病や、躁鬱病、新型うつ病などがあります。自分自身ではコントロールができないケースも多く、思わぬ事故に遭っている可能性が高いです。また同じように、高齢者に多くみられる認知症も、本人の意思とは関係なく、突発的に失踪に至っています。

| 息子の家出・失踪 依頼事例

 

相談内容   (53歳  女性)【仕事でトラブルを起こしてしまった息子が失踪


27歳になる、ひとり息子が行方不明になりました。息子は真面目な性格で就職をしてから一生懸命、仕事に取り組んでしました。先日、大きなプロジェクトを任されたらしいのですが、大きなミスを起こしてしまったらしくすごく落ち込んでしました。普段はあまり仕事の事を言ってこないのですが、その時は私にも仕事のことを話してきました。そんな息子が先日、仕事に行くといい出掛けてから家に戻ってこなくなりました。2日経っても戻ってきていません。会社にも連絡をしたのですが、来ていないと言っています。もともと何かミスをすると思い詰めやすい性格をしているので、仕事のプレッシャーを感じて失踪してしまったのではないかと思います。息子に何かあったらと思うと心配でなりません。探していただけないでしょうか?

 

専門家の回答


息子の家出、失踪に関する相談は多く寄せられています。仕事が原因で行方不明になる場合はご家族が考えている以上に思い詰めており、現実逃避をしている可能性があります。一人になりたいという理由で失踪しているだけならまだいいのですが、息子の精神状態によっては一刻を争う場合もあるので、まずは警察に相談することは必須です。早期発見のためにも併せて家出・失踪を専門している探偵事務所に相談をすることをお勧めします。探偵事務所では相談を受け次第、迅速に捜索を開始するので、まずは落ち着いて相談員にお話しください。

 

| 息子の家出・失踪|居場所調査のその他の依頼相談

・息子と突然、電話が繋がなくなりました。何かトラブルに巻き込まれたのではないかと心配しています。

・家出した息子を探すために警察に相談に行ったのですが、進展がないため探偵にもお願いしたい

・息子の勤務先から会社に出社していないと連絡があった。息子の行方がわからないので調べたい

・喧嘩をしてしまい、息子が家を出て行ってしまった。仲直りしたいので探したい

・借金を背負ってしまった息子が失踪した。何年も会えていない、何とか居場所が知りたい

 

問題を放置してしまと起こる危険性

・自殺をする

・事件に巻き込まれてしまう

・家族との縁を切るための行為

・犯罪を犯してしまう(特に未成年の場合)

 

家出・失踪相談による相談は様々です。今抱えている問題を解決する為にはひとりで悩まず専門家へ相談することが大切です。相談するだけで解決先が見い出せることもある為、早期に相談をしましょう。
全国無料相談 フリーダイヤル0120-984-307 24時間対応

人探し・行方調査のお問い合わせ


東京総合探偵興信社は多くの弁護士事務所に推奨されています。大切な人をお探しの方は、人探し・行方調査をご利用ください。

東京総合探偵興信社は、警察の捜索協力も行っております。

 

 

■人探し・行方調査の依頼を低料金で効率よく依頼するために 

事前情報を多く 
人探し・行方調査は、情報の量や鮮度などによって料金が変動します。数十年前の情報を元に現在の所在などを調べることは簡単ではありません。どんなに些細な情報でもできるだけ多くの情報があれば、発見に至る可能性が上がり、時間も短縮されることで費用が軽減されます。 

 

依頼者自身の協力 
人探し・行方調査を、できるだけ低料金で依頼し、確実な調査結果を得るためには、調査そのものを業者にすべて任せてしまうのではなく、依頼人自身も調査に協力することが大切です。実際、依頼人から提供して頂く情報量の多さや的確性によって料金が軽減される事例は多々あり、人探し・行方調査もスムーズに進み、依頼人の納得のいく結果が得られています。 

 

人探し専門の業者へ依頼すること 
業者によって、調査の得意不得意はあります。人探し・行方調査においては、専門の探偵興信所に依頼することが大切です。良い探偵興信所は、依頼人が必要とする情報や証拠などを必要最低限の料金で得られるようにご提案します。また、効率の良い依頼ができるように、準備・企画を行います。 全国東京総合探偵興信社全国マップ

 

■人探し・行方調査サイトのはじめての依頼サポート(料金事例) 

人探し・行方調査の依頼事例について 
人探し・行方調査サイトでご案内している人探し・行方調査案件の料金の事例をご紹介します。項目別の料金事例は、依頼内容や調査範囲、状況によって異なる場合がありますので、見積もりは、お電話・メール等でご確認下さい。 

 

人探し・行方調査項目別の料金事例 
 

過去の知人・友人探し
5年前の情報情報から現在の情報
基本調査料金(期間:20日)60,000円
情報収集(1件)30,000円
諸経費(20日間分)3,000円
調査料金合計93,000円(税込)
家出人捜索
家出した家族の行方
基本調査料金(期間:5日)200,000円
追加延長調査(期間:2日)60,000円
諸経費(7日間分)35,000円
調査料金合計295,000円(税込)
初恋相手探し
初恋相手に会いたい
基本調査料金(期間:30日)150,000円
情報収集(1件)30,000円
諸経費(30日間分)18,000円
調査料金合計198,000円(税込)
お金を貸した相手の居場所
失踪者の居場所確認
基本調査料金(期間:25日)250,000円
追加延長調査(期間:5日)50,000円
諸経費(15日間分)43,000円
調査料金合計(税別)343,000円
生き別れの家族探し
現在の所在・状況調査
基本調査料金(期間:30日)300,000円
追加延長調査(期間:5日)40,000円
諸経費(15日間分)40,000円
調査料金合計380,000円(税込)
好きになった彼女を探す
一目ぼれの相手を探す
基本調査料金(期間:60日)600,000円
情報収集(2件)60,000円
諸経費(60日間分)58,000円
調査料金合計718,000円(税込)

※上記料金は、実際にお受けした人探し・行方調査依頼の料金事例です。 詳しい見積もり等は、無料電話相談・無料メール相談にてご確認ください。

人探し・行方調査の依頼方法とは

■人探し・行方調査の依頼方法 

事前の情報収集 
人探し・行方調査を依頼する前に、いくつか確認する必要があります。 

-失踪したと思われる日時 
-失踪した理由 
-失踪者の基本情報 
-失踪者を探す理由  など

上記項目を整理し、お持ちの情報はあらかじめ確認しておきましょう。 
 

人探し・行方調査無料相談の利用 
まずは、専門家へ相談されることをお勧めします。相談は無料であるため、今の問題を専門家に判断してもらいましょう。人探し・行方調査は、状況・情報量・目的によって依頼として受けられないものもあります。必ず事前にご確認ください。 

 

人探し・行方調査の目的・費用・調査手法の確認 
失踪者の状況やお持ちの情報量によって人探し・行方調査が可能である場合、調査の目的を明確にした上で、捜索手法や、費用、期間などの設定を行い無理のない調査依頼を行いましょう。 

人探し・行方調査依頼 
専門家との相談の上、人探し・行方調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類にサインし、お申し込みとなります。トラブルのない良い依頼をするためにも、充分な打ち合わせのもと、依頼申し込みを行う必要があります。 
 

○家出・失踪による人探し・行方調査の無料電話相談を利用する際は、できるだけ詳しくお持ちの情報を伝えることが重要です。無料電話相談は依頼を申し込むわけではありませんので、自分の個人情報を伝える必要はありません。 

○お電話でお話づらい場合は、メールフォームからご相談ください。

【注意】メール無料相談は依頼の申し込みではありません。 

電話申し込み・FAX申し込みは24時間受け付けております。

東京総合探偵社お問い合わせ窓口全国無料フリーダイヤル

 

■一般的な家出・失踪による行方調査料金の相場 

一般的な家出・失踪による行方調査料金の相場は、依頼内容によって様々です。下記は、家出・失踪のよる行方調査を取り扱う業者の料金相場を高い→安いの順で表記しております。ご参考ください。またその他の人探し・行方調査の料金相場も。

例: 行方調査(家出人捜索)7日間調査

高めの探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計120万円~200万円以上(※調査員人数などによって変動・1日5万円以上)
一般相場の探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計50万円~80万円前後(※着手金・成功報酬金などの設定が明確)
安めの探偵興信所 行方調査基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計30万円~60万円前後(※少人数調査・必要最低限の情報収集が特徴) 

 

 

 


 

 


例:行方調査(家出人捜索)20日間調査

高めの探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計40万円~60万円以上(※余分な情報も含め多くの情報を収集することが多い)
一般相場の探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計20万円~40万円前後(※基本的な人探し調査が主流)
安めの探偵興信所 人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等 
合計15万円~20万円前後(※少人数調査・必要最低限の情報収集が特徴) 

人探し・行方調査料金の取り決めは、調査の内容によってそれぞれですが、情報収集の難易度であったり、日数、人数などによって規模が変わるため、どの調査でも一律ではありません。人探し・行方調査料金の「高い」「安い」「一般的」を判断するためには、探す人物の情報をできるだけ多く用意し、依頼人も調査に協力できることが、低費用につながります。

 

■人探し・行方調査料金の注意点 

無料相談・見積りサービス 

人探し・行方調査の無料相談・見積りの際は、探す人物についての事前情報をできるだけ多く集めることが大切です。自分の知っている情報を精査し、調査手法や期間、料金などを詳しく聞き、見つかる可能性がどの程度あるか判断した上で、依頼をしましょう。 

人探し・行方調査の料金は、探している人物の情報をどの程度もっているか、家出・失踪の場合、どのような経緯でいなくなってしまったのかなど詳しく相談する必要があります。その上で、調査手法を決定し、依頼をすることとなりますが、料金額や支払い方法などを事前に確認しておきましょう。事前に調査の難易度やかかる期間などを把握し、納得の上で依頼をすることが大切です。 

 より良い調査依頼をするためには、ご不明点は、事前に必ず相談員に確認しましょう。 

 

調査依頼基礎知識に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム