メインロゴ

娘/息子/子供の家出失踪での行方調査から恩人/知人/昔の彼氏/彼女の人探しまで、初めての人探し・行方調査のご利用を考える方のサポートサイトです。

人探し・行方調査のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

家出 失踪 自分で人探しする方法 行方調査案内

 2018-06-21

家出 失踪 自分で人探しする方法 行方調査案内

家出や失踪に関する相談、また自分で人探しする方法などや行方調査の案内をするサイトです。初めての人探し・行方調査は必ず、よく読んで参考にしてください。また初めての探偵依頼をお考えの方は初めての相談とお話しください。

自分で人探しする方法 行方調査案内

■  目次
・自分で人探しする方法
・自分で人探しするときの注意点
・自分で人探しするための情報収集ができたら
・人探し調査に関する相談窓口と相談事例
・全国ネットワークでの人探し調査

自分で人探しする方法(家出失踪)

自分で人探しをするには
家出 失踪に関する人探しの場合
最寄りの警察署の方へ届出をするか、ご家族等が行方不明者になられた場合は、すぐに110番ををかけてください。
・行方不明者が行方不明となった時における住所又は居所を管轄する警察署
・行方不明者が行方不明となった場所を管轄する警察署
・行方不明者届を届出る方の住所又は居所を管轄する警察署

問い合わせ先
 警視庁行方不明者電話相談室
電話:03-3532-0098
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(平日のみ)
届出の際は、行方不明者の写真、印鑑、関係資料、(行方不明者が残したメモ、手紙等)をお持ちください。

行方不明者の部屋を捜索

家出、失踪者の部屋にどんな情報が残されているのか、隈なく調べてみましょう。本人がどのように過ごしていたのか、どの情報を取得しているのか、本人の趣味や交友関係、ありとあらゆる情報から家出、失踪先が見えてくるかもしれません。また所持金やクレジットカード持っているのか、わかる範囲で調べておきましょう。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム(SNS)を確認

本人の習慣や出歩きそうな場所、また直前までのやり取りなど、接触している人物が分かるかもしれません。更新頻度が高ければそこで呼び掛けるのもアリです。

友達や仕事先の同僚や上司に確認を!

直前の情報や行方不明者が最近悩んでいた状況などが分かるかもしれません。何かトラブルに巻き込まれてないか、落ち込んでたりしてたのでないか、様子がうかがえると思われます。

思い当たる節がなければネットカフェや宿泊施設を!

家出が発覚してから時間がたっていなければ最寄りのネットカフェや駅前の宿泊施設などにいるケースがあります。第三者の協力がないうちは所持金にもよりますが、まだ遠くへ行ってないことが多いです。目的を持ってる場合などは捜索範囲は広がりますが、初動で出来ることは先ずは近くの本人がいると思われる宿泊施設は確認しましょう。

探偵 興信所へに依頼をする

家出による捜索の場合、警察署で届け出を出すことは当然ですが、警察から連絡が来るときは思いもよらない結果が伴うときが大半です。最悪のケースにならないためにも出来る限りの行動はしておくべきです。家出失踪による人探しは初動の捜査が大事になります。その為にも家出っ失踪による人探しは専門のプロにお願いするのも手です。

自分で人探しする方法(同級生、友人、恩師)

{$block_img_1_alt}

自分で人探しをするには
同級生、友人、恩師、好きだった人の人探しの場合人探し調査のの中でも緊急性を要さない、探そうと思う以前から考えて、思考錯誤した挙句、モヤモヤを解消するために行動することになるでしょう。その結果、目的を成し遂げて問題が解消されることになります。

インターネットのを活用する

フェイスブック、ツイッター、最近ではインスタグラムなど本人から発信している情報サイトがあります。探したい相手の名前を検索すると本人が見つかる可能性などあります。また本人ではなくても本人に近い関係者なども探すことができるかもしれません。そこから足取りが分かるかもしれません。

卒業アルバムや関連所在から

同級生を探す場合などはアルバムに載っている住所などを頼りに探すのも良いでしょう。対象者以外の同級生情報なども載っていることから、誰かしら情報などを共有している可能性があります。アルバムに載っている場所から手繰り寄せるのも面白いものかもしれません。

探偵、興信所に依頼をする

個人で探すには限界があります。難しいと思ったら無理をせず、調査をお願いすることをお勧めします。自分で探すよりははるかに情報が得られるはずです。人探しを行うのはご自身の中で一大イベントです。探す相手が見つかってからが大事ですので、相談員に十分に打ち合わせをすることをお勧めします。

自分で人探しをするときの注意点

注意点
・相手を付け回す行為などはしないようにしましょう。
・ストーカー行為や迷惑行為と判断されるようなことは避けましょう
・犯罪行為、差別的扱いはしないようにしましょう
・法律を犯さないようにしましょう

自分で人探しの情報収集ができたら

専門家へ相談
自分で人探し調査がある程度揃ったら、探偵事務所や弁護士事務所へす相談しましょう。自分で集めた情報は証拠になったり、またその先の問題解決のためのもとになるからです。無理をせず情報の取り扱いには十分に注意しましょう。

人探し調査に関する相談 相談窓口

人探し調査に関する行方調査の無料電話相談を利用する際は出来るだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。

全国ネットワークでの調査が可能

人探し調査は全国ネットワークにより、遠方の人探し、行方調査でも余計な経費をかけずに依頼が可能です。探している人物が離れた地域であっても各拠点の調査員が調査を行います。また本部にて探す相手の情報を一括で集約しております。安心してご相談ください。

調査依頼基礎知識に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム